確実なインプラント治療をおこなうための必須条件とは

近年多くのインプラントに関するトラブルが増加傾向にあるようですが、それは患者様の口腔内環境や全身疾患との関わりや材料や材質による選択の誤りなど様々な要因が考えられますが、一方で術者側の手技的な問題や滅菌環境下での施術か否か、術後のメンテナンス法など、インプラント治療を行うためのいわゆる「ルール」を守って治療に取り組んでいないことも一つの要因ではないでしょうか?もちろんインプラント治療は100%成功する治療と断言することはできませんが、その確率をより高い成功率として常に獲得するにはまず、成功を導く鍵となる「ルール」を知ること、そして何よりも「基本」が一番大切であることを認識しなければなりません。
今回はいかに「基本」が大切であるのか、その「ルール」とはどのような項目なのか?インプラント治療に対するA to Zを供覧し、手術に取り組む環境から術式テクニック、術後のケアまで必ず知っておきたい事など、実際の臨床症例とともに検証していきます。またハンズオンに比重をおき、より実践に基づいたテクニックをきめ細かくレクチャーしていきます。

講演会
■基本が大切!もう一度見直しましょう!サージカルセットアップ
■インプラント治療を行なう前にやるべきこと(診査、診断、治療計画)
■インプラント埋入を行なうためのゴールデンルールを学ぶ
■水平的、垂直的骨造成術、上顎洞底挙上術を学ぶ
■インプラント偶発症に対する対処法

ハンズオン
■切開、減張切開、縫合
■インプラント埋入(1回法と2回法)
■抜歯後即時埋入
■骨造成術(水平的骨造成術)
■結合組織移植術
※豚の顎骨を用いてハンズオンを行い、より実践に基づいたテクニックをお伝えしていきます。

講師紹介

山中隆平先生山中デンタルクリニック 浜田山インプラントセンター院長


2000年
昭和大学歯学部卒業
昭和大学歯科病院第一口腔外科に勤務
2003年
UCLA(カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校)に留学
Advanced Implantology Preceptorship 修了
2004年
Periodontology Preceptorship Program 修了
Dr. Sascha A JovanovicのAssistant Surgical Doctorを勤める
2006年
帰国後、昭和大学歯科病院顎口腔疾患制御外科 勤務
2007年
東京ミッドタウンデンタルクリニック 勤務
2011年
山中デンタルクリニック 浜田山インプラントセンター 開設
2013年
医療法人社団ルークズスマイル 理事長 就任

所属学会
日本口腔外科学会 会員
日本口腔科学会 会員
Academy of Osseointegration (アメリカインプラント学会)正会員


開催日

第1回2017/05/27(土)18:00~21:00

第2回2017/05/28(日)9:30~16:00

定員

16名

受講料

59,400円(税込・昼食付)

会場

デンタルヘルスアソシエート

申込書

申込書はこちら