生田コースin大阪

私は1984年10月、超過疎地で開業したために今の日本が直面している超少子高齢化の荒波を20年以上も早く経験しました。どうすれば急激な人口減少、患者様の高齢化に対応できる歯科医院を作れるのか施行錯誤の毎日でした。
今、ほとんどすべてのシステムが完成し、非常に多くの患者様に来院いただける歯科医院となりました。成功の秘訣は誰も知らない最高の情報をもって治療・経営を行うことです。他の歯科医院が行っていない本当に結果が出る治療をおこなえば、患者様は遠方よりおいでになります。全国から見学が絶えない生田歯科医院のシステムをご紹介いたします。

院内感染防止対策
外来環を算定していない歯科医院には患者様は来なくなる。保険治療が中心の歯科医院において院内感防止対策を実施するためのシステム構築とそのノウハウについて詳述します。

歯周内科
現在の保険治療における歯周病治療に一番欠けているのは診断がしっかりしていないことです。重度歯周病治療においては位相差顕微鏡による歯周病原因菌の動画確認とリアルタイムPCR法による科学的な検査・診断を行い、適切な抗菌剤を選択して、まず、除菌・減菌を行い、その後に歯周病検査を行い、初期治療を行っています。この治療で患者様はほとんど痛みを感じることなく治りを実感し、SPTⅡ(平均点が1000点=水平埋伏抜歯 生田歯科医院は毎日20人がSPTⅡ)によるメインテナンスに移行します。

生田歯科医院で行っている超最新治療の紹介(まだ1%の歯科医師も知らない最新治療)
21世紀になり、矯正や咬合治療において新たな概念が出現してきています。いままで、口腔内で起きていた現象で説明ができなかったことがほぼ理解できるようになりました。まさに歯科治療のパラダイムシフトが起きようとしています。その共通するキーワードは呼吸です。口腔という器官の役割は呼吸が8割、咬合咀嚼が2割なのです。矯正も咬合治療も大きく進化しています。

講師紹介

生田図南先生一般社団法人国際歯周内科学研究会 常務理事

1981年 九州歯科大学卒業 志免歯科医院勤務福岡県粕屋郡)
1984年 久々山歯科医院勤務(熊本県渡市)
1984年 熊本県天草郡河浦町宮野内にて開業
2004年 河浦町白木内にて移転開業


開催日

2018/02/11(日)10:00~17:30

定員

30名

受講料

新規受講 86,400円
再受講A  32,400円 
再受講B  21,600円(PCR会員)

会場

新大阪丸ビル別館1-1

申込書

申込書はこちら