成功する矯正歯科治療クリニック導入法

矯正歯科治療には、不正咬合の改善、審美性の向上、咬合状態の改善など数多くのメリットがあります。一般歯科治療の現場においては、補綴修復前準備のためのスペース適正確保、および不要スペースの閉鎖、審美性を高める前歯部歯肉ラインのアジャスト、またペリオ患者では歯根と歯槽骨のレベリング、ポケット改善のための挺出移動等、矯正治療を適応することにより治療効果が著しく向上するケースが数多くみられます。しかしながら矯正歯科の診断法と治療手技を自身で習得するには、長期の研修と数多くのケース経験が必要であり、歯科医一人の力では、矯正、ペリオ、補綴とクオリティの高い技術を治療に供給することはなかなか難しいのが現実であります。今回の講演では、いかにして一般歯科の先生と矯正専門医とが連携してケースの治療結果を向上させるのか、また一般歯科の先生はどこまで矯正治療にタッチすべきなのか、最新TAD技術を使用したMTM、クリア可撤式矯正装置、またCT 、スキャナーなどデジタル診断技術を応用した数多くの連携ケースを供覧しながら、一般歯科医と矯正歯科医の成功するインターディシプリナリーアプローチ法について、3名の矯正専門医よりレクチャーしたいと思います。

講師紹介

杉山晶二先生杉山矯正歯科院長

昭和60年日本歯科大学卒業
平成3年日本歯科大学歯科
矯正学大学院博士課程修了
平成6年医療法人社団矯晶会
杉山矯正歯科開設
日本歯科大学附属病院
矯正科臨床講師
日本矯正歯科学会認定医専門医
Incognito System K.O.L.Member


鮎澤隆先生ブラン鮎沢矯正歯科院長

Mexico Guadalajara 自治大学
歯学部卒業
平成2年奥羽大学歯学部卒業
平成11年ブラン鮎沢矯正歯科開設
日本矯正歯科学会認定医専門医
日本成人矯正歯科学会
認定医専門医指導医
World Federation of Orthodontists fellow


小田裕昭先生パーク・アベニュー矯正歯科院長

平成2年奥羽大学歯学部卒業
平成2年北海道大学歯学部 矯正科入局
平成10年日本矯正歯科学会認定医取得
平成10年坂本矯正歯科勤務
平成11年パーク・アベニュー矯正歯科開院
現在に至る


開催日

2016/10/30(日)10:00~16:30

定員

20名

受講料

48,600円(税込・昼食付)

会場

デンタルヘルスアソシエート

申込書

申込書はこちら