殿塚量平

とのつか歯科院長

とのつか歯科(東京都大田区)院長
昭和大学歯学部卒業
元JIADSペリオコース・補綴コース講師
元5-Djapan講師
Study Club TRUST 主宰
AAP会員、OJ会員

関連セミナー一覧

インプラント補綴セミナー
“天然歯を守りながらどのようにインプラント治療をすすめていくか?”
プロビジョナルレストレーションで煮詰めた顎位、形態などを最終補綴に移行する、と言うのは簡単であるが、実際に行うのは難易度が高い。実際に得られた咬合高径を含めた顎位をどのように記録し、補綴物制作時のエラーを少なくしていくのか、チェアサイド、ラボサイドそれぞれの詳細な手順とその注意点を中心にお話をしたいと考えています。
インプラント治療の適応症拡大のための術式
インプラント治療の適応症の拡大としてまず思い浮かぶ術式は、GBRを筆頭とした骨造成があります。術式を成功させるために必須である減張切開、また、歯肉弁の閉鎖においての勘所、その実際について。また、骨造成後、歯冠側に移動してしまったMGJの修正法を含む軟組織処置を豚顎を用いて実習していただき、すぐに実践していただけるようにと考えております。